ラーニング

ポーカーで強くなるための戦略などの情報をご紹介します。

スタータークラス

コンテンツリスト

  1.  ホールデム・ポーカーのルール
  2.  ハンドランキング
  3. ゲームの流れ

1. ホールデムのルール

ホールデムは、フロップゲームという種類のポーカーゲームです。各プレイヤーに配られるハンド(2枚のカード)と、全員が共通で使うことができる5枚のボード(コミュニティーカード)を組み合わせて役をつくります。

2. ハンドランキング

各プレイヤーに配られるハンド(2枚のカード)と、全員が共通で使うことができる5枚のボード(コミュニティーカード)を組み合わせて役をつくります。

ハイカードが一番弱く、ロイヤルフラッシュが最強の役になり、同じ役同士は、数字が強いもの同士(キッカー)を比べて勝敗を決めます。スート(マーク)の強弱はありません。

1. ハイカード

ペアやストレート・フラッシュがない一番弱い役です。

2. ワンペア

同じ数のカードが1組ある役。

3. ツーペア

同じ数字のカードが2組ある役

4. スリー・オブ・ア・カインド

同じ数字のカードが3枚ある役。

5. ストレート

数字が階段状に5枚つらなる役。

6. フラッシュ

5枚が同じスート(マーク)でできた役。

7. フルハウス

スリーオフアカインドとペアを組み合わせた役。

8. フォーカード

同じ数字が4枚の役。

9. ストレートフラッシュ

同じスート(マーク)のストレートの役。

10. ロイヤルフラッシュ

10-J-Q-K-Aのストレートフラッシュの役。

3. ゲームの流れ

ホールデムは、チップを奪い合うゲームです。配られたハンドごとに、最高で4回賭け(ベッティング)が行われ、相手を下ろす役で勝つと賭けられたチップが全て勝者に与えられます。

ハンドの2枚だけのプリフロップ、さらにボードに3枚が出されたフロップ、ボードに4枚目が出されたターン、ボードに5枚目が出されたリバーのそれぞれで、賭け(ベッティング)が行われます。

プリフロップ・フロップ・ターンでは、全てのカードが出ていない状態で賭けをすることになります。ここでの駆け引きこそが、ポーカーを制する鍵になります。

ビギナークラス

コンテンツリスト

  1. ポジション
  2. スターティングハンドとハンドレンジ
  3. アウツ
  4. オッズ

1. ポジションの有利不利

ポーカーはディーラーボタンから時計回りにアクションを行います。アクションを先にするプレイヤーより、後から行うプレイヤーのほうが、相手の情報量が多く、有利にゲームを主導できます。

このような良いポジションでは、悪いポジションより、ルースなハンドでプレイインすることができます。逆に、悪いポジションからゲームに参加しているプレイヤーは、タイトなハンドでプレイしていることが多くなります。

ハンドレンジ

ルース:多くの組み合わせのハンドでプレイすること

タイト:少ない組み合わせのハンドでプレイすること

プレイスタイル

アグレッシブ:ベットやレイズが多いプレイスタイル

パッシブ:ベットやレイズはあまりしないプレイスタイル

参考動画
ポジションの基礎
席順で変わる有利不利・ポジションについて学ぶ

2. スターティングハンド

ポーカーは、弱いときにはフォールドして損失を少なくし、強いときには利益を最大化することが大切です。各プレイヤーに配られる2枚のハンドのときに、プレイするかどうかを決める目安として、スターテイングハンドというものがあります。

ポジションが悪いときやプレイインしている人数が多いときは、プレイするべくハンドが少なく(より強いものに絞られることに)なり、ポジションが良いときやプレイヤー数が少ないときは、プレイするハンドが多く(より多くの組み合わせに広がることと)なります。

参考動画
勝つ為の初手選び スターティングハンドの基礎
相手のハンドが見える!ハンドをレンジで考えるとは

3. アウツ

アウツは、勝ちうる役に必要なカードのことです。例えば、♠️8♠️9をもったプレイヤーがボードは♠️6♠️10♣️Kのときを想定します。

1, フラッシュを作るためには、♠️A・♠️2・♠️3・♠️4・♠️5・♠️7・♠️J・♠️Q・♠︎Kの9アウツ。
2, ストレートを作るための♥7・♦7・♣️7の3枚(♠️7は重複して数えない)が3アウツ。

合計12アウツとなります。このアウツ数がわかれば、上位役が完成する大まかな確率を計算することができます。

大まかな確率の計算方法は、

フロップのときの確率 = アウツ × 4

ターンのときの確率 = アウツ × 2

となります。この確率がわかると、次項目のオッズについて考えることができます。

代表的なアウツと確率

アウツ フロップ・2チャンス ターン・1チャンス 代表的な例
15 54.1% 31.9% OESD + FD
12 45.0% 25.5% GSSD + FD
9 35.0% 19.1% FD
8 31.5% 17.0% OESD
4 16.5% 8.5% GSSD
3 12.5% 6.4% ペア
2 8.4% 4.3% トリップス
1 4.3% 2.1% クワッド
  • フラッシュドロー(FD):フラッシュができる9アウツ。
  • オープンエンド(OESD):3456など4つ連なったときのストレートドロー。2と7の両面待ち。
  • ガットショット(GSSD):3457など間の数字を待つドロー。6のカンチャン待ち。

4. ポットオッズ

ポットオッズは、そのゲームで奪い合っているチップ額と、参加するために必要な額との割合のことです。

例えば、ポットにチップが1,000あるゲームに、あなたとAさん・Bさんの計3人いる状態を想定します。

  1. Aさん ベット 400点
  2. Bさん コール 400点
  3. あなたの順番 コールは400点

あなたの番で400点だしてコールしたときにはポットが2,200となります。この2,200を奪う為に、新たに400を投資することが妥当かどうか見極める必要があります。今回は、400 ÷ 2,200 = 18.18%がポットオッズとなります。

活用

ポットオッズとアウツから算出した引く確率を比較して、アクションを判断してみましょう。

例1)ターンでフラッシュドローのとき

ポットオッズ 18.18% < 引く確率 19.1%
アウツのほうがやや高いため、よい投資として考え、コールを選択。

例2)フロップでガットショットのとき

ポットオッズ 18.18% > 引く確率 16.5%
アウツのほうが低いため、投資過多と考え、フォールドを選択。

例3)フロップでフラッシュドローのとき

ポットオッズ 18.18% < 引く確率 35.0%
アウツが高いため、さらに投資したほうが良いと考え、レイズ800を選択。

アウツとオッズ
オッズとアウツの考え方

ミドルクラス

スタータークラス

スタータークラス

コンテンツリスト

  1.  ホールデム・ポーカーのルール
  2.  ハンドランキング
  3. ゲームの流れ

1. ホールデムのルール

ホールデムは、フロップゲームという種類のポーカーゲームです。各プレイヤーに配られるハンド(2枚のカード)と、全員が共通で使うことができる5枚のボード(コミュニティーカード)を組み合わせて役をつくります。

2. ハンドランキング

各プレイヤーに配られるハンド(2枚のカード)と、全員が共通で使うことができる5枚のボード(コミュニティーカード)を組み合わせて役をつくります。

ハイカードが一番弱く、ロイヤルフラッシュが最強の役になり、同じ役同士は、数字が強いもの同士(キッカー)を比べて勝敗を決めます。スート(マーク)の強弱はありません。

1. ハイカード

ペアやストレート・フラッシュがない一番弱い役です。

2. ワンペア

同じ数のカードが1組ある役。

3. ツーペア

同じ数字のカードが2組ある役

4. スリー・オブ・ア・カインド

同じ数字のカードが3枚ある役。

5. ストレート

数字が階段状に5枚つらなる役。

6. フラッシュ

5枚が同じスート(マーク)でできた役。

7. フルハウス

スリーオフアカインドとペアを組み合わせた役。

8. フォーカード

同じ数字が4枚の役。

9. ストレートフラッシュ

同じスート(マーク)のストレートの役。

10. ロイヤルフラッシュ

10-J-Q-K-Aのストレートフラッシュの役。

3. ゲームの流れ

ホールデムは、チップを奪い合うゲームです。配られたハンドごとに、最高で4回賭け(ベッティング)が行われ、相手を下ろす役で勝つと賭けられたチップが全て勝者に与えられます。

ハンドの2枚だけのプリフロップ、さらにボードに3枚が出されたフロップ、ボードに4枚目が出されたターン、ボードに5枚目が出されたリバーのそれぞれで、賭け(ベッティング)が行われます。

プリフロップ・フロップ・ターンでは、全てのカードが出ていない状態で賭けをすることになります。ここでの駆け引きこそが、ポーカーを制する鍵になります。

ビギナークラス

ビギナークラス

コンテンツリスト

  1. ポジション
  2. スターティングハンドとハンドレンジ
  3. アウツ
  4. オッズ

1. ポジションの有利不利

ポーカーはディーラーボタンから時計回りにアクションを行います。アクションを先にするプレイヤーより、後から行うプレイヤーのほうが、相手の情報量が多く、有利にゲームを主導できます。

このような良いポジションでは、悪いポジションより、ルースなハンドでプレイインすることができます。逆に、悪いポジションからゲームに参加しているプレイヤーは、タイトなハンドでプレイしていることが多くなります。

ハンドレンジ

ルース:多くの組み合わせのハンドでプレイすること

タイト:少ない組み合わせのハンドでプレイすること

プレイスタイル

アグレッシブ:ベットやレイズが多いプレイスタイル

パッシブ:ベットやレイズはあまりしないプレイスタイル

参考動画
ポジションの基礎
席順で変わる有利不利・ポジションについて学ぶ

2. スターティングハンド

ポーカーは、弱いときにはフォールドして損失を少なくし、強いときには利益を最大化することが大切です。各プレイヤーに配られる2枚のハンドのときに、プレイするかどうかを決める目安として、スターテイングハンドというものがあります。

ポジションが悪いときやプレイインしている人数が多いときは、プレイするべくハンドが少なく(より強いものに絞られることに)なり、ポジションが良いときやプレイヤー数が少ないときは、プレイするハンドが多く(より多くの組み合わせに広がることと)なります。

参考動画
勝つ為の初手選び スターティングハンドの基礎
相手のハンドが見える!ハンドをレンジで考えるとは

3. アウツ

アウツは、勝ちうる役に必要なカードのことです。例えば、♠️8♠️9をもったプレイヤーがボードは♠️6♠️10♣️Kのときを想定します。

1, フラッシュを作るためには、♠️A・♠️2・♠️3・♠️4・♠️5・♠️7・♠️J・♠️Q・♠︎Kの9アウツ。
2, ストレートを作るための♥7・♦7・♣️7の3枚(♠️7は重複して数えない)が3アウツ。

合計12アウツとなります。このアウツ数がわかれば、上位役が完成する大まかな確率を計算することができます。

大まかな確率の計算方法は、

フロップのときの確率 = アウツ × 4

ターンのときの確率 = アウツ × 2

となります。この確率がわかると、次項目のオッズについて考えることができます。

代表的なアウツと確率

アウツ フロップ・2チャンス ターン・1チャンス 代表的な例
15 54.1% 31.9% OESD + FD
12 45.0% 25.5% GSSD + FD
9 35.0% 19.1% FD
8 31.5% 17.0% OESD
4 16.5% 8.5% GSSD
3 12.5% 6.4% ペア
2 8.4% 4.3% トリップス
1 4.3% 2.1% クワッド
  • フラッシュドロー(FD):フラッシュができる9アウツ。
  • オープンエンド(OESD):3456など4つ連なったときのストレートドロー。2と7の両面待ち。
  • ガットショット(GSSD):3457など間の数字を待つドロー。6のカンチャン待ち。

4. ポットオッズ

ポットオッズは、そのゲームで奪い合っているチップ額と、参加するために必要な額との割合のことです。

例えば、ポットにチップが1,000あるゲームに、あなたとAさん・Bさんの計3人いる状態を想定します。

  1. Aさん ベット 400点
  2. Bさん コール 400点
  3. あなたの順番 コールは400点

あなたの番で400点だしてコールしたときにはポットが2,200となります。この2,200を奪う為に、新たに400を投資することが妥当かどうか見極める必要があります。今回は、400 ÷ 2,200 = 18.18%がポットオッズとなります。

活用

ポットオッズとアウツから算出した引く確率を比較して、アクションを判断してみましょう。

例1)ターンでフラッシュドローのとき

ポットオッズ 18.18% < 引く確率 19.1%
アウツのほうがやや高いため、よい投資として考え、コールを選択。

例2)フロップでガットショットのとき

ポットオッズ 18.18% > 引く確率 16.5%
アウツのほうが低いため、投資過多と考え、フォールドを選択。

例3)フロップでフラッシュドローのとき

ポットオッズ 18.18% < 引く確率 35.0%
アウツが高いため、さらに投資したほうが良いと考え、レイズ800を選択。

アウツとオッズ
オッズとアウツの考え方
ミドルクラス

ミドルクラス